2008年2月19日火曜日

デスティナ・ジャパン、東京都が業務停止命令

結婚情報サービスの「デスティナ・ジャパン」は、2月19日、
特定商取引法に基づき、東京都より6ヶ月の業務停止命令
の処分を受けた。
結婚情報サービス事業者に対する業務停止命令は全国初
とのこと。

この「デスティナ・ジャパン」は、年収の高い外国人男性を
紹介するサービスを特長としていた結婚情報サービス。
国際結婚を考えている女性から高い登録料をとっており、
桁外れの高額サービスの金額は、人気テレビ番組
「世界バリバリバリュー」でも、クイズとして取り上げられて
いた。

東京都によると、「デスティナ・ジャパン」は、年収600万円
以上の外国人男性が実際には300人しか登録されて
いないのに1000人登録と偽るなどしていた。また、年間
1人も紹介されなかったり、途中解約しても契約金の
ほとんどを返金きなかったという。
今回、悪質な結婚情報サービスに対して処分が下された。

このブログは、カップリングパーティー業界の話題に絞って
記事を掲載する方針ですが、結婚情報サービスという
隣接業界において、業界人として注目すべき事件と考え
今回、掲載しました。