2010年2月2日火曜日

ネット上の「出会い」。またまた、動きアリ!今度は、ツイッター「出会い」。

昨年12月配信の定例配信メールとブログ記事では、最近の「出会い」のトレンドとして、出会い系サイトは徐々に利用者が減る傾向にあり、ソーシャルゲームやアバターとして出会いのきっかけが増えていることを報告しました。

そうしたネット上の「出会い」ですが、一方では、「So-net SNS」や「キヌガサ」「Yahoo CU」「カフェスタ」などの有名コミュニティサービスが次々と終了し、一方では、最近また、新たなトレンドが生まれようとしています。

最近注目のネット上の「出会い」は、なんといっても、今をときめくツイッター関連のコミュニティ。ツイッターのハッシュタグを活用したり、ツイッターの外部サービスとして公開されたイベント開催支援サイトなどを使って、不特定多数の人によるオフ会が各地で開催されつつあります。そのうちに、出会い系サイトのようなサービスも出てくることは容易に予測できます。