2013年3月5日火曜日

インターネットでの検索ボリュームから振り返る2012年の婚活トレンド



キーワードの検索ボリュームを調べるとそれぞれのサービスのニーズや流行り廃れが分かるものだ。
2012年に「結婚相談所」「婚活パーティー」など婚活系キーワードがインターネットでどれくらい検索されたかキーワードの検索ボリューム(検索数)をGoogleTrendを使って振り返って調べた。

婚活パーティー事業者にとっては、自社サイトへのアクセスや自社サービスの集客と照らし合わせることで業界全体における自社サイトや自社サービスの優位・劣位に関する情報が得られるだろう。
婚活中の男女にとっては、自分以外の婚活中男女が1年を通じて、いつ頃活発に動いているかを知ることで婚活の効率・費用対効果を高められるかもしれない。多くの婚活中男女が活動する時期は出会える可能性は高まるし、それを見越した事業者が入会促進キャンペーンなどを実施する場合も多いからだ。


 「結婚相談所」は、例年どおり1月、4月の検索ボリュームがピーク

キーワード「結婚相談所」は、1月、4月の検索ボリュームがピーク。
1月と4月、インターネット検索で「結婚相談所」などのキーワードを入力して調べた人が多かった。例年どおりの傾向だ。おそらく1月、4月は、結婚相談所への入会者数も多かっただろう。
ちなみに、5月から年末にかけては、あまり検索されていない。


 「婚活パーティー」は、例年に見られない傾向

「婚活パーティー」は、例年どおりであれば5月と年末にピークを迎える。しかし、2012年は、例年ではみられない数字の傾向が出た。
2012年のピークは10月。1月と7月もまずまずの検索数だ。逆に、例年検索数の多い5月や年末はそれほど検索されていない。原因は不明だ。

婚活パーティー事業者においては、もしも、自社の婚活パーティーサイトのアクセス数が、昨年末は、例年ほどではなかったとしても、自社だけの傾向ではないのでそれほど心配しなくていい。


 2013年1月、「結婚相談所」はサゲサゲ・「婚活パーティー」はアゲアゲ

直近、2013年1月の数字を見てみた。
「結婚相談所」をはじめ結婚情報サービス関連のキーワードの検索ボリュームが例年ほどない。結婚情報サービス各社は、どこも、かき入れ時の1月に広告を増やして会員増を狙っているだろうが、今年は例年以上に厳しい状況ではないだろうか。

「婚活パーティー」をはじめ出会いパーティー関連のキーワードの検索ボリュームは例年と同程度だ。多くもなく少なくもない。しかし、2月は1月よりもいい数字だ。