2015年10月22日木曜日

パートナーエージェント、マザーズ上場承認。婚活業界上場4社の事業規模比較

9月18日、東京証券取引所は株式会社パートナーエージェントの東証マザーズ上場を承認した。上場日は、10月27日を予定。
婚活業界での上場は、ツヴァイ、IBJ、リンクバルに続き4社目。


【参考資料】プレスリリース|結婚相談所パートナーエージェントhttp://www.p-a.jp/message/release150918.html )

株式会社パートナーエージェントは、結婚情報サービス「パートナーエージェント」や非会員向け婚活パーティー「OTOCON(おとコン)」など、婚活関連事業を運営。

2006年、ブライダル事業者の株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ100%子会社として事業開始。2008年、株式会社テイクアンドギヴ・ニーズより独立。最近では、千原ジュニアをイメージキャラクターとして広告展開。知名度を上げている。

2015年3月期実績、売上26億6千万円・経常利益1億3千万円。

2015年、婚活業界は上場のニュースが相次いでいる。4月、街コン事業者のリンクバルが同じくマザーズに上場した。7月、ブライダルネットやRush、PARTY☆PARTYなどを婚活事業者IBJが東証1部に市場変更した。


 婚活業界、上場4社の事業規模比較

パートナーエージェント

2015年3月期実績、売上26億6千万円・経常利益1億3千万円。

IBJとの比較

2014年12月期実績、売上33億1千万円・経常利益6億3千万円。

ツヴァイとの比較

2015年2月期実績、売上37億9千万円・経常利益2億7千万円。


リンクバルとの比較

2014年9月期実績、売上11億7千万円・経常利益1億7千万円。