2010年6月15日火曜日

<トレンドチェック>結婚情報サービス

マッチング業界の中心的役割を果たす結婚情報サービスについて、大手各社の最近のサービス内容や宣伝など、トレンドをご紹介する。

大手各社は、まるで棲み分けを狙っているかのように、それぞれ異なるブランドイメージを構築しようと動いている。

■ツヴァイ
5月から、新聞広告や車中広告など、大々的にサービスの広告展開をしている。特に注目は、各種広告において「AEON」のロゴを大きく表示して、イオングループのサービスであることをアピール。イオングループのブランド力や唯一の上場企業であることを全面に打ち出して、なりふり構わずサービスの宣伝をし始めた。「(出会いの)オーダーメード」もキーワードにしている。競合他社との比較においては高級路線に近い。

「くらべて.com」の「ツヴァイ」レビュー記事

■ノッツェ
前回の定例ニュースメールでもご紹介したように「ノッツェネオ」の名称で、100円“ワンコインから始める婚活”サービスをスタートさせている。低価格路線または今話題の「納得消費」に対応した戦略を推進。

「くらべて.com」の「ノッツェ」レビュー記事


■オーネット
楽天グループのブランドを全面に押し出した広告&営業展開。成婚数や成婚カップルなどによる「実績」をアピール。

「くらべて.com」の「オーネット」レビュー記事