2011年5月7日土曜日

今年の5~7月、平均気温が高い可能性大

4月25日、気象庁が発表した5~7月の予報によると、「平均気温は、北日本と沖縄・奄美で平年並または高い確率ともに40%、東・西日本で高い確率50%」。日本全国おしなべて平年並みまたは高い可能性が大きい、とのこと。

昨年の記録的な猛暑をもたらしたラニャーニャ現象は夏前に終息の見込み。

東北から東日本においては、夏場にかけて計画停電が実施される可能性があるだけに、天候への配慮が欠かせない。夏場の暑い時期も、職場や小売り店、飲食店では、昨年までのように冷房をきかせることは難しくなるだろう。「涼しい」イベント企画を考える必要があるかもしれない。