2012年12月8日土曜日

逆転の発想。イブやクリスマス当日の「街コン」でお相手を見つける


以前、「都内ホテルでは、早くもクリスマスツリーを飾るところが出ている。」との記事を掲載した(→「冬スタート。そして、冬のマーケティングスタート。」)。今年は、小売業を中心に、例年よりも早めにクリスマスの準備を進めるところが多いようだ。

百貨店各社は、11月上旬から中旬から、早くもクリスマスコーナーを特設した。これは、例年よりも2~3週間早めの展開だ。12月は、22日(土)・23日(日)・24日(月・振替休日)。今年は、クリスマス期間の休日の並びがいい。小売り各社は、クリスマス商品を早い時期から充実させて「おウチ消費」につなげたい考えだ。

婚活パーティー業界と隣接するイベント業界にもクリスマスをテーマとして動きがある。クリスマスイブ、クリスマス当日に開催を予定する「街コン」が大都市を中心に全国規模で多数出現。
「(シングルは)クリスマスまでにお相手を見つけなきゃ」という、これまでの一般的な考え方と相反することもあり、ネットでも話題を集めている。

クリスマス、バレンタイン、鍋&焼き肉、パーティー、バーベキュー、旅行、スポーツなどなど…「ひとりでは楽しめないイベントがあるからお相手を見つける」という考え方からすると、逆転の発想。
「シングルでも(シングル同士が集まって)イベントを楽しむ」「イベントこそお相手を見つける」という考え方が定着すれば、婚活パーティー事業者を含むイベント事業者にはビッグチャンスとなりえる。