2011年6月29日水曜日

NTTドコモ、夏モデルに「テザリング機能」。パソコンやネット接続環境が変わる

5月中旬、ドコモが夏モデルのスマートフォン9機種を発表した。注目は、9機種のうち7機種に標準搭載の「テザリング機能」。これまで携帯各社が、あえて対応しなかった機能を搭載することにより、パソコンやネット接続環境が大きく変わる可能性が出ている。

「テザリング機能」は、簡単に言うと、スマートフォンをインターネットの中継器とする機能。一般に、複数台のパソコンをネットに接続する場合、電話や光回線の先にルーターと呼ばれる機器を取り付けて、ルーターをインターネットの接続口としていると思うが、そのルーターの代わりをスマートフォンがしてしまうイメージ。携帯電話の回線を携帯電話以外のデジタル機器でも利用してしまうことから、これまでは携帯各社は、あえて対応してこなかった。

「テザリング機能」によって、何が変わるか…
まず、確実に言えるのは、スマートフォン普及の加速。そして、タブレットPCなどの小型パソコンの普及の加速。あらゆるものが無線でネット接続しやすくなるので、これまで予想もしなかったものまでがネット対応してくるはず。「ドラゴンボール」に出てくるスカウターのようなものも(婚活に使うなら、レンズ越しに年齢や年収や学歴・経歴などが表示されるのカナ)案外登場早いのかもしれない。