2011年7月13日水曜日

グーグルの検索結果に異変あり

先週の記事と多少関連しているが、インターネットでのトレンドとして、別記事として、まとめるに値する重要な内容なので紹介する。

ここ最近、グーグルの検索サイトに変化が、検索結果に変動が見られるのに気づかれているだろうか。

以下のような変化が見られている。
●ツイッターなどソーシャル検索が強化
●(上記の後、そしてつい直近のこと)ツイッターが検索結果からなくなる
●iPhoneなどスマートフォン用の検索画面がリニューアル
●PC用の検索画面がリニューアル
●ショッピング検索がリニューアル
●グーグルのサービスにログインしている時とログアウトしている時で検索結果(順位)に違い。ログイン時はパーソナルな検索結果に
●グーグルインスタンス(キー入力を先読みして検索結果を表示)の本格導入
●音声・画像での検索

ツイッターの検索結果が強調されたり、逆に、表示されなくなったりというのは、グーグルとツイッターの契約上の問題なので除外するとしても、比較的、ここ最近、インターフェイスや検索結果順位など見た目の変化がころころと起きている。

パーティー系のビッグキーワードにおいて「くらべて.com」と弊社が広告企画を手がけている「お見合いパーティーに行こう!」では、順位にさほどの変化がなく安定しているが、事業者の検索結果は、それなりに変化が起きている。手前味噌で恐縮だが、一時期、乱立していたパーティー系ポータルサイトは、弊社が関連する2サイト以外ほとんど姿を消している。

楽しいこと比較サイト「くらべて.com」~カップリングパーティー
「お見合いパーティーに行こう!」

グーグルが目指す検索結果の方向性として、ソーシャル化(ソーシャルネットワークの活動を検索結果に反映させる)、パーソナライズ化(検索する人の嗜好にあった結果を提示する)、コーマース強化(購買に結びつく検索システムと検索結果を強化)にあるようだ。

最近、検索結果を見ていないマッチング事業さんは、久しぶりにチェックして見てはどうだろうか。意外に変化しているのに驚くかもしれない。