2013年8月2日金曜日

【婚活2.0】出会いパーティーに「出会い」はある?カップル率を考える

出会いパーティーに「出会い」はあるのか?
今回、そんな「そもそも」について、客観的・具体的に考えていく。


この記事で引用する出会いパーティーは、どれも、「くらべて.com」婚活パーティーTOPページに大きく掲載される、編集部おすすめのところばかりだ。出会いパーティーの事業者としては実績や規模も十分なところであり、公表している数字等に間違いはないはず。基本的に、公表している数字は正しいものとして考えていく。

【参考資料】「くらべて.com」婚活パーティーTOP( http://www.kurabete.com/index_deai.html )


 PARTY★PARTY、カップリング率40.8%

下の画面ショットは、婚活パーティー大手「PARTY★PARTY」TOPページ。


右上の目立つ位置に「先月のカップル率40.8%」「直近1ヶ月間のパーティー申込み数11,634件」とある。


直感的には信じられないような数字だ。(とはいえ、冒頭で言ったように、公表数字を信じることを前提に話をします。)カップリング率40%超ということは、出会いパーティーに参加して、10人中4人はカップルになるということ。「PARTY★PARTY」では、他社とくらべて少人数でイベントを開催する。
男性15人、女性15人の合計30人でのパーティーにおいて、40%の6組12人がカップルとなる計算。

本日時点で、直近1ヶ月でのパーティー申込み数は11,634件。本日は8月2日なので直近1ヶ月は先月7月の数字とほぼ等しい。7月は、11,634人参加して、2,326組4,653人がカップルになった。スゴイ。

「数字のマジック」ではないとすると、「出会いパーティーに『出会い』はある」、と言える。(受験の倍率みたいなもので、単純計算で何回行けばカップルになれるという問題ではない気もするが、)都合よく考えると、3回行けばカップルになれる計算だ。

なお、「くらべて.com」がおすすめする信用度の高い事業者では、他にカップル率を公表している出会いパーティーは見つけられなかった。

探しに探したところ、結婚相談所「関西ブライダル」のパーティー事業である「関西ブライダルパーティー」にカップル率の記載があった。
特定の7月4日に開催されたパーティーの結果をカップル率とともに公表している。「男女12名でマッチング4組成立(8名)。カップル率約67%」とのこと。
特定のイベントを取り上げれば、50%オーバーも不可能ではないようだ。



 NYSD、連絡先交換率71%

下の画面ショットは、関東でニューヨークスタイルのユニークな出会いパーティーを開催する「NYSD」TOPページ。

もっとも目立つ画面上部に「連絡先交換率 業界No.1の71%」のコピー。その下には、「業界初の満足度100%保証!満足頂かなければ、全額返金致します!」とのこと。
この「NYSD」は、一般的な出会いパーティーとは違ったシステムで運営されている。通常の出会いパーティーが、特定の相手とのカップリング(1対1)を目指すのに対して、相互に「もう一度、会ってもっと話をしたい!」という意思をもってマッチング成立としている。そして、マッチング成立した相手とはNYSDが仲介に入って連絡先の交換をするシステムだ。つまり、1つのパーティーで複数人との連絡先交換があり得る。
その仕組みであれば、「連絡先交換率71%」は、十分あり得る数字のような気はする。

出会いパーティーに参加した10人中7人が連絡先の交換ができる。「出会いパーティーに『出会い』はある」、と言っていいだろう。


 異業種交流パーティー形式で広がる、全額返金保障。「1人の異性とは100%親しくなれる」ということ

特定の事業者は出さないが、異業種交流パーティー形式の出会いパーティーでは、「誰とも親しくなれなかった場合は参加費を全額その場でお返しいたします。」といったサービス宣言をしているところが広がっている。「全額返金保障」と唱うところもある。

このサービス宣言を別の言い方をすると、「1人の異性とは100%親しくなれる」ということだ。親しいの定義は曖昧だが、それも「出会い」であるとは言える。ここにも、「出会いパーティーに『出会い』はある」、と言える材料があった。


 結論。どんな「出会い」を求めるかで違いはあるが、「出会いパーティーに『出会い』は」あった

「出会いパーティーに『出会い』はある」を、それほど、こじつけることなく、証明できたように思う。
ただし、どんな「出会い」を求めるのかで、選択すべき出会いパーティーは違う。

1人の異性と100%親しくなる…なら、異業種交流パーティーへ。
連絡先交換71%を狙うなら、NYSDへ。
特定の異性と40%のカップリングを目指すなら、PARTY★PARTYへ。

数字では公表していないが、もしかしたら、大手で実績のある出会いパーティーは、PARTY★PARTYと同レベルでのカップリング率なのかもしれない。出会いパーティーは、あなどれない。