2013年5月29日水曜日

覆面調査員22才女子大生、おすすめの婚活パーティーを聞いた


「くらべて.com」では、

覆面調査員を募集しています。

【参考資料】一般スタッフ、覆面調査員、大学生インターン生募集( http://www.kurabete.com/info/wanted/index.html )※ただし、現在、一般スタッフと大学生インターンの募集は中止しています。

こんな(↑)ページタイトルだからなのか、

大学生の覆面調査員の応募がときどきあります。

そんな覆面調査員に応募してきた女子大生が、おすすめする婚活パーティーをヒアリングしたので紹介します。
※このブログを含めて弊社媒体でヒアリング内容を公開する旨、本人に了解を得ています。

都内の4年生大学に通う
22才の女子大生。就活中。
婚活パーティーへの参加経験は
ないみたい。

この方のプロフィールと婚活パーティーとの関わりを簡単にまとめると以下のようです。

・独身女性(22才)
・都内の有名4年生大学に通う。
・職業は学生。就活中。
・都内在住。
・婚活パーティーの参加経験はない。

覆面調査員を依頼する方には、通常、「くらべて.com」やGoogleやYahooの検索を使って、参加してみたい偉業交流会や婚活パーティーを3つほど選んでもらいます。しかも、「自腹で参加するつもりで選んでください」とお願いします。サービスを判断する上で、コストパフォーマンスも重要な要素だからです。

この女性が選んだ(参加してみたい)
婚活パーティーは以下の事業者です。
・プレミアム ステイタス パーティー
・パートナーエージェントPARTY
・ミッドブルー

あまり婚活パーティーについて詳しく知らない読者に向けて、選んだ婚活パーティー事業者について簡単に解説します。

「プレミアム ステイタス パーティー」と「ミッドブルー」は、異業種交流パーティーを得意とする事業者。いずれも、「くらべて.com」にもきちんと紹介記事が掲載されている実績のあるところ。
「プレミアム ステイタス パーティー」は、男性は自衛隊員ばかりを集めたイベントなどを定期的に開催している。「ミッドブルー」は、異業種交流パーティーとは別に、クルーザーのレンタルやクルーザーでのパーティープランを販売する事業者。クルーザーを使ったパーティーは十八番。

「パートナーエージェントPARTY」は、異業種交流パーティー形式ではなくカップリングパーティー形式のイベントをメインとした事業者。カップリングパーティー形式では、司会者の進行のもとで、参加者はプログラムされた行動をとり、最終的にカップルになることが目的とされる。「ねるとんパーティー」みたいなものね。←古い?w
結婚情報サービス「パートナーエージェント」が運営するオープン参加の婚活パーティー。男性も女性も、結婚相手を探そうという、「本気」な参加者が多い。

この女性が選んだ婚活パーティーの
選出の理由も教えてもらいました。

以下のようです。

「プレミアム ステイタス パーティー」は、
フリータイムのみの進行で、気軽に自由に楽しむことができそうだから。加えて、六本木のお洒落なダイニング等、開催場所・開場が魅力的(飲食代や入場料など高いため普段あまり行かないところに行けそうだから。)

「パートナーエージェントPARTY」は、
ホームページに載っていたイベントに惹かれた。画一化されたスタイルのお見合いパーティーよりは、ビアガーデン、プラネタリウム合コンや朝婚活など、バラエティ豊かで、面白そう。

「ミッドブルー」は、
ホームページに載っていた「船上パーティー」というVIPが参加するイメージのあるホットなイベントにぜひ一度参加してみたいから。

ここから、この女性が選んだイベントと選出の理由から、

22才女子大生の婚活パーティー《傾向と対策》

を考えていきたいと思います!!

選出の理由をザッと見た感じだと、

会場や特別企画などのイベントに惹かれて決めているみたい。

パンフレットで旅行プランを選ぶ女子大生といったところ。船上パーティーにしようか、お洒落なダイニングにしようか、それとも、プラネタリウムにしようか…

そして、

お見合いパーティーは、「画一化されたスタイル」と考えているよう。

(確かに、回転寿司方式での異性全員との挨拶など、画一化されてるイメージはあるけどね。)

パーティーでの出会いやパーティーで出会う異性よりも、会場やイベントの企画が決め手というのが実に面白い。
20代前半の、まだまだ結婚適齢期まで間がある女性は、まさにこんな感じで婚活パーティーを選んでいるんでしょうね。

男性陣として、対策を考えるならば…

異業種交流パーティーやイベント性の高い企画のパーティーは、若い女性も多いが、婚活や結婚、出会いに対する意識は低いかも。彼女たちは、「その場」を楽しむために参加しているので、一緒に「その場」を楽しむつもりで近づいたほうがいいかも。

なんだか、恋愛コンサルタントみたいなコメントをしてしまいましたw

今回、覆面調査員へのヒアリングは、実際に参加する前ですが、婚活パーティー参加者の生の声を聞くことができました。

さて、この覆面調査員のその後については、機会があれば、このブログで